脱毛の契約、クーリングオフしたいけどどうしたらいい?

脱毛を契約したけどやっぱり解約したい

 

そういったときは、期間内であれば、理由などなくても無条件でクーリングオフできます。つまり解約できるということです。
期間内というのは、契約書面を受け取った日を1日目として、8日以内に書面を出せばクーリングオフしたことになります。(消印の日付が8日以内)
ただこれは街中でキャッチセールスに声をかけられ、脱毛アンケートに答えるだけとお店に同行したら勧められて契約してしまった場合。

 


8日を過ぎてしまった場合、あるいは、クーポンがあるから体験してみようと自分の意志で脱毛サロンに行った場合は、別の条件を満たす必要があります。

 

ひとつは、契約期間が1ヶ月を超えていること。
もうひとつは、契約金額が5万円を超えていること、です。

 

その二つの条件を満たせば解約はできますが、クーリングオフでなく中途解約なので、解約料が発生することになります。気を付けましょう。

 

クーリングオフは書面で通知することで理由なく解約できるとされているので、電話をしただけでは不十分です。

 

必ず、書面で通知することが必要です。
きちんと8日間の期間内に通知したという証拠を残すために、ハガキでなく封書で配達証明付の内容証明、あるいは書留で送りましょう。

 

脱毛サロンとしてもクーリングオフはされたくないので、受け取ってない、送った、と後からトラブルになりがちです。
そういったトラブルを避けるために公の証拠を残すことが大切です。不明な点は、専門機関に相談しましょう。

 

クーリングオフをするケースはしつこい勧誘に流されてというケースが大変多いです。
勧誘は大手サロンや人気の脱毛サロンに比べ、個人経営のエステサロンなどが大変多いというのが現状。

 

ですから、体験を利用する際は人気サロン、大手サロンからはじめることをオススメします。
ミュゼや銀座カラー、エピレなどをはじめ当サイトで紹介しているサロンは人気が高い全国展開する大手サロンばかりなので勧誘が少なく、安心して通うことができると思います。
勧誘が気になる方はミュゼや銀座カラーあたりの最大手の脱毛サロンからはしごをスタートしてみましょう♪